このエントリーをはてなブックマークに追加

4月

27

Code and Response Day Numazu

無料クラウドでAI開発。Call for Code説明会。災害対策をあなたのアイディアで実現しよう!

Organizing : Bluemix User Group

Hashtag :#CallforCode
Registration info

参加者

Free

FCFS
2/15

Description

2019/04/26(金) 短縮実施に変更いたしました。

Call for Code チャレンジ 説明会

Call for Codeは、自然災害に打ち勝ち、防災や被災した人々の健康を改善するアプリやシステムを作成するグローバル規模のコンペティションです。

今年のテーマを次の3つです。

  • 自然災害への対策や復興対策

  • 自然災害発生時における被災した人々、高齢者、障碍者へのサポート

  • 地域コミュニティを素早く復旧する方法

プログラム

第一部:10:00~14:00 / 随時 休憩

  • Call for Code 2019

    グローバル最優秀賞チームへ賞金20万ドル(日本円 約2,200万円相当)にもなる、災害対策・復興・防災・健康サポートに関する世界規模のコンペティションついて説明します。

  • ツール紹介 Bitbucket x Trelloボード

    開発作業を進めていくためのコラボレーションツールについて、短い時間でご紹介します。

  • Watsonハンズオン(無料クラウドで始めるAI開発教室)

    無料で使える「IBM Cloud ライトアカウント」を用いて、AI「Watson」を活かした勉強会を行います。AIによる画像分類やIoTなどに触れます。

Call for Code 2019 への参加を想定したアイディア出し、開発。技術スタッフがサポートします。プログラム開発経験がない方は、小中学生で事例のあるNode-REDを用いることで、開発を行うことが可能です。

持ち物

  • PCもしくはタブレット(スマートフォンでは難しいです)。PCをお持ちでない方向けに予備のPCを2台確保予定。

    会場には、WiFiによるインターネット接続環境があります。より早いインターネット接続が必要な場合は、モバイルルーターを各自でお持ち込みください。

注意事項

プログラム内容は予告なく変更する可能性があります。
開催中の事故・天災・その他の事象によってもたらされたすべての不利益に関して、当勉強会、および会場提供者はその責任を負いかねます。 以下のような行動を取られた方は、退室いただく場合があります。また次回以降の参加をお断りしますのでご了承下さい。過去に以下のような行動を取られた方からのお申込についてもお断りさせていただく場合がございます。 講師および参加者に対して、勉強会の妨害と見られる言動や行動、人材紹介、転職、マルチ商法、宗教など、本勉強会とは関係のない勧誘など。

Presenter

Feed

kolinz

kolinzさんが資料をアップしました。

04/29/2019 01:16

kolinz

kolinzさんが資料をアップしました。

04/27/2019 10:36

kolinz

kolinz published Code and Response Day Numazu.

03/15/2019 17:11

Code and Response Day Numazu を公開しました!

Ended

2019/04/27(Sat)

10:00
14:00

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2019/03/15(Fri) 21:00 〜
2019/04/26(Fri) 23:30

Location

cafe M103

静岡県 沼津市町方町103

Attendees(2)

MikH

MikH

Code and Response Day Numazu に参加を申し込みました!

kolinz

kolinz

Code and Response Day Numazuに参加を申し込みました!

Attendees (2)